昔も今も、ファッションや広告を通して新しいものを

生む創造力を常に発信してきたラフォーレ原宿に、

トイレでもあり、アートギャラリーでもある場所が誕生。

ギャラリートイレという基盤となる場所に、

新しいアーティストとコラボレーションしていくことで、

利用時の印象も、その都度フレッシュに感じることができ、

〈 かわらない場所 〉と〈 変化 〉を融合した空間となっています。

年齢やジャンルの垣根を超えた、

幅広いアーティストやクリエイターの作品の表現の場として提供していくことで、

“知る機会”と、“発信する機会”が増え、

原宿の更なる活気へと繋がることでしょう。